東京都内の墓地の需要と供給 成長日記①

はじめまして。

 中井祐稀といいます!千葉県のお寺で生まれました!今は人の生き死について真剣に考えたいという意思があります!色んな角度から世の中を見たいと思い、石の横商様に今年入社しました!未熟者ですがお客様の役に立つ事を人一倍考えていきたいと思います。よろしくお願いします!

日常で学んだ事、経験した事を通し、お客様に役に立つ情報を発信しつつ自身の成長日記としてブログを更新させていただきます!今月全国にてコロナウイルスが猛威を振るっている中でも皆様に役に立てることを考えたことがきっかけになりました!

さっそく第弾いかせていただきます!

今日のテーマは東京都内の墓地の需要と供給です。

 東京都内で供給されている墓地の数はおよそ6000区画。この墓地とは、私達が昔から見てきた一般的なお墓のことです!最近目にする樹木葬や、搬送式の納骨堂の数は含まれていないそうです。まだまだ未熟者の私からしたら6000区画もあるのか!と思っていてまだ、余裕があるなと感じました。ですが、墓地を必要な方々を数字化してみると驚くべきことを知りました。

東京都内の年間死亡者はおよそ110000人と算定されていてそのうち墓地を持っていない方が45000人、その中で墓地を必要としている人が26000人もいます。

都内での墓地不足問題は私の耳に挟んだことがありますが、まさかここまでとは、、、

もっと目を向けてかなければいけない問題だと再認識させられました。

毎年、亡くなられた方の2割にあたる人が埋葬できないという状況、、、

樹木葬や、搬送式の納骨堂、または東京都以外の寺院墓地、民間霊園で対応しているでしょうが、遺骨を埋葬できないまま、ご自宅で祀っている方が多いそうです。都内で墓地を購入できることがいかに難しいことか思い知らされました。

現在、私は東京新宿にある恵光メモリアル新宿浄苑にて墓地の案内をしております。そこには約80区画もあります!墓地の大きさも、夫婦で購入するタイプから代々受け継ぐタイプまでございます。

ご興味ある方は、是非お越しください!見るだけでも大歓迎でございます。またお問い合わせはホームページ内のメール、フリーダイアルにて対応させていただきます。(9時~17時)
ご連絡お待ちしております!!

電話番号・0120-50-7645

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です